海外事業展開の加速

長期ビジョンにおける連結売上比率30%(現状約8%)

地産地消でのブランド戦略

2011年タイ(ラーヨン県)、 2012年中国(南通市)、 2015年インドネシア(チカラン地区)に生産・販売会社を設立
中国で第2工場建設、インドネシアでの第2工場の検討、トルコでの工場建設の検討

事業の複合化の加速

ベビー用紙おむつで確立したプレミアムブランド力を活用し、衛生用紙、大人用紙おむつ、フェミニンケア商品等の多品種販売を展開

輸出販売の加速

韓国、台湾、ロシア、トルコ等への輸出エリア拡大と複合事業化の加速

中国

衛生用紙

トイレ革命を背景にトイレットロール市場拡大の見込み

衛生用紙のプレミアム市場を開拓
2018年10月 EICNにトイレットロール加工設備を新設

ベビー用紙おむつ

一人っ子政策の廃止、所得水準向上により今後も市場拡大の見込み

スーパープレミアム品の更なる拡販

大手ECプラットフォームとの提携強化

タイ及び周辺国

ベビー用紙おむつ・その他

経済成長に伴う生活水準の向上

インドシナ半島各国でのベビー用紙おむつ販売拡大

ベビー用紙おむつに加え、フェミニンケア、ウェット関連商品等の複合事業化の加速

インドネシア

ベビー用紙おむつ・その他

世界第4位の人口を持つ巨大マーケットであり、今後も消費拡大の見込み

伝統小売店舗(ワルン)への販売強化

急速に拡大するEC市場での販売拡大

韓国・台湾・ロシア他

各国のニーズを捉えた商品開発で輸出販売 地域・複合事業化を拡大

トルコ 他

2017年9月に出張所を開設
2018年4月販売開始

ベビー用紙おむつの販売を開始

ロシア・将来のアフリカ市場への足がかりとする

大王製紙へのお問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。
大王製紙への
お問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。 お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。