1.情報開示の基本姿勢

大王製紙グループ(以下「当社グループ」という)は、全てのステークホルダーのみなさまに対し、適正かつ速やかな情報開示を行います。

2.情報開示の基準

当社グループは、金融商品取引法等の諸法令ならびに、東京証券取引所の定める規則を遵守し、適時・適切かつ公平な情報開示を行います。上記の法令・規則等に該当しない情報であっても、ステークホルダーの皆さまにとって、当社グループへの理解の促進に繋がる有益な情報であると判断されるものについては、可能な範囲で迅速かつ正確に開示します。

3.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報に関しては、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(以下、TDnet)を通じて開示します。TDnetで開示した情報は、速やかに当社ウェブサイトにも掲載します。また適時開示規則に該当しないと判断した情報については、当社ウェブサイトを利用し、可能な範囲で迅速かつ正確に開示します。

4.情報の管理(インサイダー情報管理の徹底)

内部情報に関する管理基準等についての運用指針を定めた「インサイダー取引規制に関する規則」を設けています。役員および社員の教育にも注力しています。インサイダー取引規制における重要事実、及び通期又は四半期に係る決算情報であって有価証券の価額に重要な影響を与える情報について、管理を徹底します。

5.沈黙期間

当社グループは、決算情報の漏洩を防止し、公平性を確保するため、原則、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間とします。この期間は、当該決算に関する質問への回答やコメントを差し控えます。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく修正する見込みが出てきた場合には、適時開示規則に基づき、適宜、適切な方法により情報開示を行います。

6.将来情報の取り扱い

業績に関する将来予想は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を含みます。実際の業績は、経営環境の変化などにより、予想と大きく異なる可能性があることをご留意ください。

大王製紙へのお問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。
大王製紙への
お問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。 お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。