社員が健康で活き活きと活躍することは、健全な組織運営、企業の持続的成長に欠かすことはできません。 大王製紙グループは、2014年に「大王製紙グループ健康宣言」を公表し、社員並びにその家族が健康であることを礎に、生活・文化・産業の発展に貢献し、社会から信頼される企業グループであり続けられるよう、取り組みを進めています。

大王製紙グループ健康宣言

社員が健康でいきいきと活躍できる会社を目指して

大王製紙グループは、創業の精神である社是「誠意と熱意」をもって、活力ある健全な企業グループとして永続的に進化・発展し続けていくことを目指します。そのためには、役員、社員のみならず、その家族を含めて、皆が心身ともに健康で、いきいきと活躍していることが欠かせません。 健康は宝です。健康の維持・増進に向け、「ライフ・ワークバランスの推進」、「生活習慣の改善」、「メンタルヘルスケアの充実」、「疾病の早期発見・早期治療」を健康経営の4本柱として、全社員参加の下、実行、推進し、人も企業も健康であることに努めます。 大王製紙グループは、「役員、社員並びにその家族が健康であること」を礎に、生活・文化・産業の発展に貢献し、社会から信頼される企業グループであり続けられるよう、今後とも鋭意努力を重ねて参ります。

2021年8月  大王紙株式会社 代表取締役社長 社長執行役員 若林 賴房

主な取り組み事項

1)ライフ・ワークバランスの推進

柔軟な勤務制度

健全な心身の基盤となるライフが整ってこそ、生産性の高いワークが実現すると捉え働き方改革を推進します。フレックスタイム、テレワーク、時間単位年次休、短時間勤務などの柔軟な勤務制度の導入の他、経営層、管理職層に対し、これからの価値観・働き方の理解を深めるためのダイバーシティ研修を実施しています。

治療と仕事の両立支援

社員が万が一病気になっても仕事を諦めることがないよう、治療と仕事の両立に必要な制度(健康相談窓口、長期休業補償制度、健康情報等の取扱規程 他)を導入し、支援体制を整備しています。

女性の健康課題とキャリアの両立研修

女性の健康課題の中でも多くの方が経験する月経による不調と、キャリア継続に大きな影響を及ぼす 妊活(不妊治療)に関して、管理職に対し研修を実施し、当事者が望む支援や管理職ができることを学んでいます。その他、男性含む全社員対象に、月経と妊活基礎知識、更年期に起こる心身の不調をテーマにしたオンラインセミナーを実施し、正しい知識や配慮を身に着け、互いに支え合える心理的安全性の高い職場作りを推進しています。

2)生活習慣の改善

大手スポーツクラブと法人契約

運動習慣の定着を目的とし、大王製紙(株)の福利厚生施設「エリエールスポーツクラブ(愛媛県四国中央市)」の他、全国に施設を構える大手スポーツクラブと提携しており、社員とその家族は格安でクラブを利用することができます。 また、提携スポーツクラブのインストラクターを招き、事業所内にて、体組成分測定会や運動セミナーを実施し、自身の体と向き合う機会を提供しています。

ELLEAIR SPORTS CLUB

禁煙の推進

大王製紙健康保険組合では、社員の禁煙を支援するため、禁煙外来費用の助成を行っています。2019年度は禁煙する取締役、監査役、執行役員が禁煙に取り組む「役員禁煙チャレンジ」を実施し、全員卒煙に成功しました。また、2020年度はチャレンジ対象を大王製紙グループの部長職以上へ、2021年度は管理職へと拡大し、喫煙率低減に向け取り組んでいます。

栄養改善支援

野菜が不足しがちな食習慣の改善を目的とし、可児工場の独身寮では、「野菜を食べようプロジェクト」と称し、サラダを無料で提供しています。その他、タンパク質である納豆・生卵・豆腐や、野菜の総菜を50円で販売しています。

3)メンタルヘルスケアの充実

メンタルヘルス研修の実施

管理職を対象に、メンタルヘルスの基礎知識及びマネジメントスキルを向上させるために、毎年、社外の産業カウンセラーを講師に招き、事例検討や演習を取り入れたラインケア研修を実施しています。

外部相談窓口の設置(カウンセリングサービス)

社員とその家族の心の健康をバックアップする施策として、社外の専門機関によるカウンセリングサービスを導入しています。また、精神科医、公認心理士、産業カウンセラーが定期的に来社し、就業時間中に社内で専門家に相談できる体制を整備しています。

精神科産業医の配置

内科産業医の他、精神科産業医を配置し、メンタル不調について支援を行っています。特に、メンタル不調からの復職判断や復職支援プログラムには、専門医として精神科産業医の意見を聴取し、再燃防止に努めています。

4)疾病の早期発見・早期治療

医療職によるサポート

三島工場は敷地内に診療所機能を持つ大王製紙健康保険組合があり、その他の大規模事業所(可児工場、東京本社)には、大王製紙健康保険組の保健師が常駐する「健康管理室」を設置しています。各事業所の産業医だけでなく保健師や栄養士などの医療職が、就業中の急な体調不良のケアや、保健指導・相談対応を行っており、社員の健康維持を支援しています。

二次検診の受診促進

定期健康診断、特殊健康診断の100%受診だけでなく、それらの健診により二次検診が必要と判定された社員への受診促進を強化しています。大王製紙健康保険組合では再検査費用の助成を行っており、疾病の早期発見、早期治療へ繋げています。

推進体制

2018年4月、代表取締役副社長の阿達敏洋がCHO(Chief Health Officer、最高健康責任者)に就任しました。併せて、会社・健保組合・労働組合が三位一体となり健康経営を推進する組織として、CHOを委員長とする「健康経営委員会」を発足し、大王製紙(株)の健康課題、施策、効果検証につき協議、活動を推進しています。

CHO(Chief Health Officer、最高健康責任者) 代表取締役副社長 副社長執行役員 阿達 敏洋

数値目標

評価

経済産業省が行う「健康経営優良法人(大規模法人部門)~ホワイト500~」に4年連続認定されました。
※2019年にはパルプ・紙業種初の「健康経営銘柄2019」にも選定されています。

また、日本政策投資銀行が行う「DBJ健康経営格付」について、2016年度以降、5年連続最高ランクを取得しています。

今後も、社員とその家族の健康を企業の財産と捉え、健康増進に向け、最大限の支援を継続して参ります。

※健康経営は、健康経営研究会の登録商標です。

大王製紙へのお問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。
大王製紙への
お問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。 お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。