コンプライアンス委員会を核とし、リスクの洗い出しとその属性に応じて具体策を実行するとともに、大王製紙グループ全社 員へのコンプライアンス教育を通じて法令・規則等を遵守した運営に取り組んでいます。

コンプライアンスの取り組み

コンプライアンス体制については、リスク管理及びコンプライアンスの強化・維持のために、「コンプライアンス委員会」において、リスク対応策を一元的に管理するとともに、リスクの重要性に応じた対応策について、審議及び意思決定を行っています。
現状、コンプライアンス委員会は、コンプライアンス担当取締役を委員長として、社外取締役3名全員を含む9名の役職員で構成しており、当社グループのリスク管理体制を審議しています。
また、コンプライアンス委員会の下部組織として8つの小委員会を設置しており、リスクの属性に応じた具体的な実行策を審議・決定し推進することで、実効性の高いリスク管理が可能な体制としています。

コンプライアンス体制組織図

内部通報制度(企業倫理ホットライン)の整備

大王製紙グループでは、内部通報窓口として「企業倫理ホットライン」を設置しています。また、内部通報制度の利用促進を図るため、違法行為・違法状態を見聞きした場合の通報義務、通報者のプライバシーへの配慮、不利益な取扱いからの保護等について運用規則に定め、グループ全社に周知しています。
なお、通報の受付窓口は、監査役のスタッフである監査役室(社内窓口)と、外部弁護士(社外窓口)としており、経営層や管理部門に関わる違法行為等についても通報しやすい環境を整備しています。
また、通報された案件につき、監査役が主体となり内容の調査を行い、関係部署に必要な是正対策を求めています。

「企業倫理ホットライン」概略図

大王製紙へのお問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。
大王製紙への
お問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。 お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。