マテリアルフロー

植林面積の拡大によるCO2の吸収・固定

GHG(温室効果ガス)排出量推移

大王製紙グループでは、2050年までにカーボンニュートラルの実現を目指し、2030年度のCO2排出量を2013年度比で46%削減することを目標として設定しました。現在、TCFD提言に基づいた情報開示の準備を進めております。当社三島工場の石炭ボイラー3缶のうち1缶を2030年度までに停止します。その後もバイオマスや廃棄物由来燃料を有効利用することで、石炭への依存度を下げる取り組みを進めていきます。

大気関連データ

水質関連データ

[COD]Chemical Oxygen Demand:化学的酸素要求量 有機物が最終的に炭酸ガスに分解されるまでに必要な酸素量で、主に海水中の有機物の総量を示します。数値が高いほど水が汚れていることになります。

[SS]Suspended Solids:懸濁物質 水中に浮遊している物質のことをいい、数値が大きい程、その水の濁りが多く水底への堆積物の原因になります。

大王製紙グループ各社の取り組み

バイオマス燃料の利用推進

CO2排出量の少ないバイオマス燃料への転換をグループ全体で進めています。

大王製紙グループでは、木屑・紙くず・廃プラスチック固形燃料(RPF)、廃タイヤなど廃棄物を燃料としたバイオマスボイラーの導入を進めています。 グループ全社で化石燃料を使用する石炭ボイラー、重油ボイラーから非化石燃料(バイオマス燃料)を使用するバイオマスボイラーへの転換を進めてきた結果、大王製紙グループのバイオマスエネルギー比率は37%(1990年度)から50%(2019年度)まで増加しました。

大成製紙(株)バイオマスボイラー

◆ 化石・再生可能エネルギー構成比率

集計範囲:大王製紙(株)グループ

自然エネルギーの利用推進

環境対応の一環として太陽光発電設備を設置し、CO2排出量の削減に取り組んでいます。いわき大王製紙(株)では、環境への負荷が少ない再生可能エネルギーの導入に取り組んでおり、2014年8月に移設・改造した段ボール原紙の生産設備の強化に合わせ、2014年11月末に太陽光発電設備を稼働させました。2020年は年間241Mwhを発電し、年間110トンのCO2排出量削減を削減しました。 エリエールプロダクト(株)福島工場では、福島復興企業立地補助金の支援をいただき、自社倉庫の屋根を利用した太陽光発電設備を2017年1月に稼働しました。 年間53Mwhを発電し、年間27トンのCO2排出量を削減しました。大津板紙(株)の石山物流センターでの太陽光発電は、年間268Mwhを発電し、91トンのCO2排出量を削減しました。

大津板紙(株)の太陽光発電設備
エリエールプロダクト(株)の太陽光発電設備

環境会計

  • 集計範囲:大王製紙(株) 三島工場、可児(かに)工場にいわき大王製紙㈱の環境保全コスト・効果にはグループ会社であるフォレスタル・アンチレLTDA.(チリ共和国)の植林関連を計上しています。
  • 集計対象期間:2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)
  • 環境省より公表されている「環境会計ガイドライン2005年度版」を参考に集計しました。

環境保全コスト

(単位:百万円)

分類 主な取り組み内容 投資額 費用額
(1)事業エリア内コスト 6,056 27,370
内訳 ①公害防止コスト 排水処理設備、脱臭・排煙脱硫設備、ECF等 723 5,027
②地球環境保全コスト 海外植林、社有林維持管理、省エネルギー 3,988 10
③資源循環コスト 廃棄物処理・再原料化、古紙等資源の有効利用 1,345 22,334
(2)上・下流コスト リサイクルコスト、低硫黄燃料購入費用(差額)等 1,599
(3)管理活動コスト ISO14001費用、従業員教育、環境影響測定費用等 282
(4)研究開発コスト 環境配慮銘柄等環境保全に資する製品開発等 69
(5)社会活動コスト 各種ボランティア活動、団体支援、環境報告書等 59
(6)環境損傷コスト 汚染負荷量賦課金(SOx) 160
合計 6,056 29,541

環境保全効果

環境保全効果の分類 環境負荷項目 単位 2019年度 2020年度 前年度との差異
(1)事業エリア内コストに対応する効果 ①化石燃料由来のCO₂削減 CO₂排出量 千トン 2,978 2,889 89トン削減
②大気汚染物質削減 硫黄酸化物排出量 トン 1,229 1,304 75トン増加
窒素酸化物排出量 トン 6,199 6,161 38トン削減
ばいじん排出量 トン 435 293 142トン削減
③水質汚濁物質削減 排水量 千m³ 129,287 131,441 2,154千m³増加
COD排出量 トン 7,559 7,534 25トン削減
SS排出量 トン 2,177 2,443 266トン増加
窒素排出量 トン 451 404 47トン削減
りん排出量 トン 77 54 23トン削減
④海外植林の推進 海外植林面積 ha 27,950 29,000 1,050ha増加
⑤産業廃棄物削減 産業廃棄物発生量 千トン 311 267 44千トン削減
(2)上・下流コストに対応する効果 ①古紙利用の推進 古紙使用量 千トン 1,732 2,232 500千トン増加

環境保全対策に伴う経済結果

(単位:百万円)

効果の内容 金額
省エネルギーによる費用削減 432
化石燃料使用減による費用削減
廃棄物の有効利用による処理費用削減
難離解古紙を溶解処理・原料の置換えによる費用削減
合計 432
大王製紙へのお問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。
大王製紙への
お問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。 お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。