大王製紙グループは、社員一人ひとりの「働きがい」が企業の持続的成長に繋がるという考えのもと、社員一人ひとりの多様性・人格を尊重し活かすダイバーシティ経営、生き生きと活躍するための健康経営、自律人財の育成に取り組んでいます。

大王製紙の考え

2014年度以降、多様性の中でもまずは女性の活躍推進について、管理職比率等の数値目標を掲げて進めています。
主な取り組み事項は下記のとおりです。

1.女性総合職のキャリア意識醸成と自律したキャリア形成の促進
2.女性管理職育成
3.仕事と育児の両立支援

女性活躍推進法に基づく行動計画

女性が活躍し続けることができる環境を拡充すると共に、女性管理職の増加を加速することを目標に、以下の行動計画を策定します。

計画期間

2020年4月1日~2025年3月31日

目標

1.総合職採用率に占める女性比率を40%以上にする。(2020年度入社採用実績 25.5%)
2.女性総合職の営業部門への20%以上配属 と 生産部門への新規配属の推進。
3.女性総合職の採用10年前後の継続雇用割合を40%以上にする。
4.女性管理職数を5%以上にする。
5.男性社員の育児目的有給休暇(5日)取得率100%、育児休業取得率を20%以上にする。

各目標達成のための具体的取組み内容

【総合職採用率に占める女性比率40%以上】
・総合職の部門別採用数の目標値設定と、面接官への研修実施
・技術系採用率の向上(2020年度入社採用実績 17.2%)

【女性総合職登用促進・女性総合職の採用10年前後の継続雇用割合40%以上】
・新卒者の営業部門への配属・スタッフ部門から営業部門への配置変更・営業部門者は育休終了時に営業部門へ帰任
・勤務地限定型職掌の見直し
・生産部門での女性社員配属に対応した職場環境改善

【女性管理職率5%以上】
・キャリア形成における男女差を払拭するための研修を全階層で実施
・異業種女性交流研修を継続実施し、キャリアアップ思考の形成
・役員・部長職によるメンター制度、キャリア面談の実施
・女性社員同士の社内ネットワークを構築し、社内発信による女性活躍推進風土への変革と女性社員自身の自己肯定感の向上を図る
・営業・スタッフ部門での在宅勤務対応インフラの完備

【男性社員の育児目的有給休暇取得率100%・男性社員の育児休業取得率20%以上】
・全社員向けに「Goo.nすくすく休暇」制度の再周知
・出産申告時、上長に対し「Goo.nすくすく休暇」の取得推奨を依頼
・フレックス勤務の男女別実施率を周知し、働き方の選択がしやすい風土を作る
・男性育児休業所得者情報をグループ報で発信し、取得者増加を図る

進捗状況

■ ダイバーシティ委員会の設立 (2019年7月)

ダイバーシティ運営をさらに推進するため、役員を主メンバーとした「ダイバーシティ委員会」を立ち上げました。
女性活躍推進、育児支援などの施策を議論、実行しています。
・女性管理職候補者の計画的育成
・男性社員への育児参画推進

■ 女性活躍推進状況

2014・2016・2018年度の「なでしこ銘柄※」に選出されました。
※経済産業省が東京証券取引所と共同で、女性活躍推進に優れた上場企業を選定し毎年発表している銘柄です。

NADESHIKO BRAND 2017

■ 仕事と育児の両立支援

女性社員の育児休業からのスムーズな復職を目的とした「復職前面談 」を実施し、復職後のキャリアを考える機会を提供しています。
その他、育児をしながらでも安心して力を発揮できる環境作りとして、下記内容に取り組んでいます。
今後もさらなる育児支援と男性の育児参画を促進していく予定です。
・ベビーシッター利用補助制度
・育児を目的とした短時間勤務を、小学校3年生の学年末まで拡大
・保存年次休の要件に「子どもの予防接種」や「定期健診」を追加
・育児目的休暇「GOO.N すくすく休暇」制度
・事業所内保育所「GOO.N すくすくはうす」運営(愛媛県四国中央市)

※「くるみんマーク」とは、“子育てサポート企業”として、厚生労働大臣の認定を受けた証です。
大王製紙は2011年度に認定されています。

子育てサポートをしています 2011年認定事業主

取り組み実績(女性活躍推進と多様な働き方)

■女性活躍推進全体会議

2014年6~7月に、ダイバーシティ推進の主旨・目的を経営トップから発信し、全社に周知する為、全女性社員、社長ほか役員、女性社員を部下にもつ管理職を集め実施しました。

■女性社員へ自律したキャリア形成を促す

「自分の価値観や考え方」により自律的なキャリア形成を促すことを目的に、異業種交流研修への参加や自社内でのキャリアデザイン研修を行っています。

2014年 10月~ 異業種女性交流研修への参加
2015年 6月~ 地域限定職キャリアデザイン研修実施
2016年 6月~ 女性総合職キャリアデザイン研修実施
2016年 7月~ 上司とのキャリア面談実施

■女性管理職育成へのアプローチ

「管理職」になることに対する不安を払拭し、自信をもってキャリアを進めてもらうため、管理職手前の資格層である女性総合職に対し、個別面談や外部研修会社への派遣を実施しています。

2015年 4月~ 女性総合職 管理職手前層および上司との個別面談実施
2015年 10月~ グロービス女性リーダー育成プログラムへの選抜派遣開始
2016年 11月~ 役員メンター制度

■風通しの良い社内風土への変革

多様性を受け入れる体質にするには、社内コミュニケーション力の向上が不可欠であるため、自己分析と相互理解を目的とした研修を実施しています。
また、性的マイノリティ社員に対する理解を深め、働きやすい職場環境の整備を進めるために、人事労務部門向けのLGBT理解研修を実施しました。
今後、全社員に向けての研修も計画しています。

2019年 9月~ アンコンシャス・バイアス研修を開始
2020年 2月 LGBT理解促進研修を実施(グループ内人事労務部対象)
 
 
2020年 9月~10月 アンコンシャス・バイアス研修の全社展開(オンラインを含め約550名が受講)
2020年12月 役員向けアンコンシャス・バイアス研修 実施予定
 
 

■仕事と育児の両立支援策

育児と仕事の両立への不安を払拭するため、「育児休業からの復職 2 ヶ月前」に女性社員、上司、人事の3者で面談を実施し、復職後の働き方やキャリアに対する考え方を共有することで、復職しやすい環境につなげています。その他、育児をしながらも安心して力を発揮できる環境作りを進めています。

2013年 7月~ ベビーシッター利用補助制度導入
2014年 4月~ 育児休業からの復職前面談開始
2015年 4月~ 育児を目的とした短時間勤務を、小学校 3 年生の学年末まで拡大
2015年 4月~ 保存年次休の要件を「子どもの予防接種」や「定期的な通院」等にも使用できるよう拡大
2017年 10月~ 育児目的休暇『GOO.N すくすく休暇』制度を導入
子どもが生まれた社員に 5 日間の有給休暇を付与し、男性の育児参加促進と女性の育児休業からの復職後の両立を支援
2018年 4月~ 四国中央市に事業所内保育所『GOO.N すくすくはうす』開設
2020年 4月~ フレックスタイム制度、時間単位年次休制度開始
コロナ対策としてテレワーク開始
2020年 12月~ テレワーク制度正式導入
2021年 1月~ 子の看護休暇・介護休暇の時間単位取得制度開始

数字で見るダイバーシティ

2016年 2017年 2018年 2019年
女性採用比率 29.5% 19.4% 11.7% 13.3%
女性管理職比率 1.0% 1.4% 1.6% 2.0%
外国人社員(人) 15 18 28 23
障がい者雇用比率 2.13% 2.12% 2.21% 2.31%
大王製紙へのお問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。
大王製紙への
お問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。 お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。