大王製紙グループでは、女子プロゴルフや少女野球等を通じて、世界中の子どもたちが、大好きなスポーツができる環境を提供し、未来に向かって夢を追い続ける姿を応援しています。また、地域社会の活性化を目的に、様々な自治体の支援事業協賛イベント、チャリティ活動に取り組み、地域社会とのきずなを深め、地域の豊かな発展に寄与します。

スポーツを通じた社会貢献活動

大王製紙エリエールレディスオープン

LPGAツアー公認競技最終戦である「大王製紙エリエールレディスオープン」は、賞金女王や翌年のシード権の当落の鍵を握る注目度の高い大会です。当大会は、速報、ホールマーシャル、ギャラリー受付など社員が地元ボランティアの方々とともに大会運営を行っています。女子プロゴルフを通じて「すべての女性を応援する」とともに、地域社会への貢献に取り組んでいます。

大王製紙エリエールレディスオープン

当大会は公認競技最終戦であることから、女子プロの熱き戦いの中でプレッシャーを感じながらも、社員一丸となって大会成功に向け業務にあたっています。
また、開催当初から大会でのチャリティ活動の収益金を、開催地及び地元の教育や福祉への貢献を目的に寄贈しています。

エリエールトーナメント(女子学童野球/女子中学野球)

当社は、スポーツを通じた地域社会への貢献とともに、夢を持って輝き続ける少女たちを応援するために、女子学童軟式野球大会に協賛を続けております。

第4回中学優勝 三鷹クラブW優勝

第7回学童優勝 江戸川エンジェルズ優勝

ホームタウンとともに

大王製紙グループは、地域社会との共生の一環として、地元愛媛県をホームタウンとするプロスポーツチームのJ2リーグ愛媛FC及び愛媛FCレディース(サッカー)と、愛媛マンダリンパイレーツ(野球)を、スポンサーの一員として応援しています。
愛媛県、地域企業並びに県民の皆様とともに、プロスポーツを活用した地域振興事業を、継続して応援していきます。

愛媛FC(サッカー)

愛媛マンダリンパイレーツ(野球)

愛媛県・四国中央市の子育て支援事業協賛

大王製紙グループでは、2011年から四国中央市の「紙のまちの子育て応援事業(0歳児に1年分のおむつ購入券交付)」 に協賛しています。加えて2015年から、愛媛県が少子化対策として取り組んでいる「愛顔(えがお)の子育て応援事業(第二子以降の誕生があった世帯へ紙おむつ購入券交付)」に協賛を開始しました。今後も、少子化対策に積極的に貢献してまいります。

「愛顔の子育て応援事業」セレモニーの様子

(愛媛県キャラクターの「みきゃん」、「ダークみきゃん」、中村愛媛県知事との記念撮影)

各地域での地域美化運動に参加

企業市民として、地域の美化活動や環境活動に積極的に参加することで地域社会との共生を図っています。

クリーンデー(四国中央市)

四国中央市では、毎年7月の第1日曜日をクリーンデーとし、海岸付近の街の美化を目的に市民がボランティアで清掃活動を実施しています。

クリーンデーの様子(四国中央市)

当社では1991年以降、毎年継続して参加し、四国本社・三島工場勤務の社員及び、関係会社社員約500名により、普段は実施できない三島港の岸壁沿いのテトラポットに溜まったゴミを一掃するなど、港湾の美観の維持につとめています。

環境フェスタプレイベントでの可児川一斉清掃(可児市)

可児市では、毎年2月に可児市環境課、市内環境団体、各事業者が中心となって、可児市環境フェスタプレイベントとして「可児川一斉清掃」を実施しています。

可児川一斉清掃の様子(可児市)

可児工場勤務の社員および関係会社社員約170名を含め、可児市民約2,000人が参加し、可児川周辺の清掃活動を行っています。

地元小学生への大王製紙の工場案内

各地域で小・中学生の工場見学を実施

地元の小学生を対象に工場案内を実施しています。参加した児童たちは工場の大きさに驚くとともに案内者の説明を熱心に聞き、資源のリサイクルや環境保全の大切さを実感していました。今後も工場案内を通じて地場産業である製紙業に関心を持ってもらうとともに地域の環境教育にも協力していきます。

体験学習

グループディスカッション発表会の様子

インターンシップでは参加した学生が、製紙会社での仕事をイメージできるように実習・工場見学を主体とした内容で行いました。 来年度以降も、参加した学生が紙や製紙会社に興味を持てる内容にし、学生に当社をPRしていきます。

近隣住民との意見交換会

工場周辺の地域の近隣自治会との定期的な意見交換会を通して、環境改善の取り組みを理解してもらうとともに、改善要望などの情報をお聞きしています。

地域祭への参加による市民との交流

四国中央市の「みなと祭」は、1969年(昭和44年)伊予三島港が国際貿易港の指定を開港したことを記念すると共に、200余年の歴史と伝統のある伊予三島市の「紙」をさらに発展させ、魅力あふれる心のふれあう豊かな故郷づくりを目的に、それまでの天神祭をさらに盛大にして誕生しました。

現在まで継承されているみなと祭は、今年で42回を数えました。
みなと祭へは毎年当社及び関係会社社員がおどり大会へ参加し、市民と共に歴史ある地元祭を盛り上げています。

環境展示会への出展

当社は、12月6日〜8日に東京ビッグサイトで開催された、日本最大級の環境展示会「エコプロ2018」に今年も出展しました。

 
大王製紙へのお問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。
大王製紙への
お問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。 お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。