古紙利用率拡大の取り組み

これまで使用できなかった難処理古紙の利用をさらに拡大することにより、業界平均を上回る古紙利用率となっております。

古紙利用率推移

紙・板紙用途合計

板紙用途

紙用途

 

※大王製紙グループ計は、紙/板紙を生産しているグループ企業10社の合計です。大王製紙計は、三島工場と可児工場の合計です。

※業界平均値データは、日本製紙連合会の統計資料より

板紙用途の古紙利用向上 ~難処理古紙の利用~

従来廃棄物として処分されていた難処理古紙を、段ボール原紙の原料として使用し、循環型社会へと貢献しています。離解設備(パルパー)の改造や除塵設備(スクリーン)の改良・増強をすることで多様な種類の古紙を利用しています。
パルパーでは通常、5~7%程度の濃度で離解をしますが、高濃度パルパーでは30%近い濃度で離解ができます。

難処理古紙処理

雑誌古紙のリサイクル

印刷・出版用紙用途に雑誌古紙を使用し、 未利用古紙の使用拡大に努めています。

紙製品→消費後、回収された古紙→古紙パルプ製造設備→抄紙設備、塗工設備→

三島工場のN10マシンの稼動に併せて、DIP設備を増設しました。増設に併せて、当社では、古紙使用量拡大のため、従来は背糊やフィルム等の異物除去が困難で板紙用途にしか利用されていなかった雑誌古紙を紙用途に再利用する技術を確立しました。
これにより、紙用途の古紙の選択範囲を広げ、古紙利用率を向上させています。

抄紙設備とDIP設備建屋

雑誌古紙を使用する上で障害となっていたCD、ビニール、背糊等の異物を人手を使わず製造工程で自動的に除去する技術を確立し、紙用途での雑誌古紙利用拡大につなげています。

CD・DVD付き雑誌

ビニール表紙の雑誌

背糊付き雑誌

大王製紙へのお問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。
大王製紙への
お問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。 お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。