三島工場 N7号板紙抄紙機稼働について

大王製紙株式会社(住所:東京都千代田区)は、多様なパルプを活用して複数の紙・板紙が生産できる三島工場(愛媛県四国中央市)において、スイングマシン(複数品種を生産可能な抄紙機)の特性を活かし、これまで市場の需要動向の変化に柔軟に対応してまいりました。
2018年5月に公表した当社第3次中期事業計画では、紙・板紙事業の構造改革として「メディア用途の紙」から「梱包・包装用途の紙」へのシフトを掲げ、この取り組みの一環として、洋紙の製造設備であるN7号抄紙機を2019年10月に停機し、需要が堅調な板紙への設備改造工事を進めておりました。このたび改造工事が完了し、予定通り4月1日より営業運転を開始しましたのでお知らせいたします。


詳細はこちらのPDFをご覧ください

大王製紙へのお問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。
大王製紙への
お問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。 お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。