セルロースナノファイバー成形体「ELLEX-M」 高性能卓球ラケット部材への採用のお知らせ

大王製紙株式会社(住所:東京都千代田区)は、このたび株式会社タマス(住所:東京都杉並区)が2020年4月に国内および海外で発売を予定している高性能卓球ラケット『レボルディアCNF』の部材として、セルロースナノファイバー(以下「CNF」)成形体「ELLEX-M」が採用されたことをお知らせします。

ELLEX-Mを用いた卓球ラケットは、2014年から㈱タマスと共同で開発を進め、2019年6月には打球の威力を高められることを発表しました。さらに、従来のラケット用部材では実現し得なかったCNF特有の性能である高反発でありながら振動特性を低く抑えられる点も合わせて㈱タマスに評価され、今回の採用に至りました。
(㈱タマスは、『バタフライ』商標で数多くの卓球用品を製造販売しており、選手用の高品質ラケットでは世界トップの実績(世界卓球2019全出場選手の56.6%が同社製ラケットを使用)を有し、国内トップ選手を多数契約選手に抱える国内卓球用品メーカーです。)

㈱タマス 開発担当 丹羽明彦氏のコメント

「CNFを使用することにより、高反発でありながら振動特性を低く抑えるという、これまで出せなかった特徴を持たせることができました。新しい可能性を拓く素晴らしい素材だと思います。」

詳細はこちらのPDFをご覧ください

【関連情報】

『レボルディアCNF』の紹介ページ(㈱タマスの公式ホームページ内)

大王製紙へのお問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。
お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。
大王製紙への
お問い合わせ
当社ウェブサイトをご利用いただきありがとうございます。 お問い合わせをいただきます場合には、下記のボタンをクリックして該当の項目へとお進みください 。