近清 直人
MISSION
機械

現場と事業の二つの視点から
設備をより良い方向へ導く

近清 直人 NAOTO CHIKAKIYO

生産本部 工務部 工務課
<原質・抄紙・塗工・加工チーム>

※所属は取材当時

Q1.あなたのミッションは何ですか?

私が所属する工務部は、様々な設備を安全かつ競争力のあるものにするため、設備改造や新しい設備を導入するプロジェクトを計画・実行することをミッションとしています。紙ひとつとってみても、パルプの生産から製紙、塗工や特殊加工と様々な機器が連動することで生み出されています。工務部では、生産に関する工程をトータルで把握しながら、各工程の問題点や、マシンのさらなる性能向上を目指しています。この、最適な設備設計と建設コスト削減を行い、かつ早期に実行することで、収益改善に繋げることができます。

Q2.その仕事によって
どのような「価値」が生まれますか?

いわば、コンサルタントのような視点から、設備をより良い方向へ導くことです。そのためには、現場で機械を操作する社員と同等の専門的知識と、事業の生産計画を鑑みながらプロジェクトに取り組むことが求められます。関係者や影響範囲も広く、困難なことも少なくありません。だからこそ、私は熱意を持って仕事に取り組むことを忘れないようにしています。プロジェクトは一人の力で成功することは難しく、チームワークが必要不可欠。自分の熱意や考えをしっかり持って相手に伝えることで、理解や信頼が育まれ、成功に繋がると思っています。

Q3.キャリアプランを教えてください

私のまわりには、尊敬する上司や先輩がたくさんいます。その方々に負けないぐらい経験や知識を身につけたプラントエンジニアになっていきたいと思っています。設備は様々な技術の集合体であるため、学ぶことがつきません。日々の業務の中で努力したことが、自身の活躍の場を広げることに直結しています。こらからも様々な業務にチャレンジし、自分自身を高めていきたいと思います。

近清 直人
近清 直人
生産本部 工務部 工務課
<原質・抄紙・塗工・加工チーム>

学生時代の私

物理の苦手な機械系学生だったため、試験勉強や日々の講義内容を理解するのに苦戦しながらも、なんとかがんばっていました。ただ、その中でも尊敬する先生や研究室の先輩、テニスサークルを通して出来た友人や後輩、いろんなアルバイトでお世話になった方々など、様々な人との出会いから多種多様な経験を得ることができました。

すべての社員を見る