田中 朝子
MISSION
化学

ウェットワイプ商品を通じて
新たな価値を提供し、ユーザーの
生活にイノベーションを起こす

田中 朝子 ASAKO TANAKA

エリエールプロダクト株式会社
商品開発部 商品開発課 ウェットワイプグループ

※所属は取材当時

Q1.あなたのミッションは何ですか?

ウェットワイプ商品を通じて、生活者に新たな価値を提供することがミッションです。ウェットワイプといっても、多様な生活シーンにおいて、その用途は様々。たとえば、「除菌できるアルコールタオル」「Goo.N肌にやさしいおしりふき」「キレキラ!1枚で徹底トイレおそうじシート」など、生活者視点で調査・商品設計をすることが大切です。私が入社後、最初に担当したトイレクリーナーひとつとっても、求められる品質が生活者により大きく変わります。良い商品を生み出すために、「今、求められていることは何か」を考え、新しい課題に挑戦し続けることが必要です。

Q2.その仕事によって
どのような「価値」が生まれますか?

生活者が求める商品を開発することで、生活の豊かさにつながると考えています。現代は、衛生環境を保つことへの意識が高い一方で、手軽に気軽にケアをしたい、掃除や育児などの時間を短縮したいといったニーズがあります。このようにウェットワイプ商品に求められることも高度化しているため、今、評価されている商品でも時代や環境の変化で全く価値のない商品になってしまう可能性もあるのです。このような変化に対応するため、商品の新たな評価方法の立案や実態調査、生産現場の意見をヒアリングすることで、現状の商品への理解をさらに深めるとともに、商品の改善点を様々な視点で考えています。

Q3.キャリアプランを教えてください

昨年、結婚し仕事と家庭の両立を継続していくという目標が新たに加わりました。自分の経験を活かし、働く女性をサポートできる商品をつくることができれば、やりがいもさらに強く感じることができるのではないかと考えています。これからも既存商品の課題と、新しい価値を提供できるような商品開発どちらにも取り組み、社会に少しでも貢献できるような商品を開発していきたいと思っています。

田中 朝子
田中 朝子
エリエールプロダクト株式会社
商品開発部 商品開発課 ウェットワイプグループ

学生時代の私

大学時代は、「将来どんな仕事をしたいか」をテーマに、大学へ通いながら家庭菜園や山登り、工場見学をするなど幅広い視野で様々なことに興味を持っていました。研究テーマはタンパク質の構造解析を専攻し、新設予定の放射光施設で利用される化学実験用アプリケーションソフトのベースを作るテーマに取り組みましたが、結果は秘密です。

すべての社員を見る