ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中の製品情報の中の段ボール原紙のページです。

段ボール原紙

段ボールは丈夫で環境にも優しいんです!

段ボールはあらゆる商品の梱包・運搬に広く使用されており、紙の中でも最も古紙利用の進んだ商品です。

当社では、薄物ライナーなどのさらなる環境配慮型商品の開発を進めています。
また、当社は、美粧性に優れたカラーライナーやプレプリント、耐水・撥水といった特殊機能をもった特殊機能ライナーなど、ユーザーの要望に応じた多種多様な段ボール原紙を品揃えしています。

業界平均を上回る古紙配合率97% ※2013年度 当社調べ

代表製品のご紹介

外装ライナー(クラフトライナー・ジュートライナー・白ライナー)

木箱から段ボールへ。クラフトライナーのパイオニア

当社は、昭和32年(1957年)に日本で初めてクラフトライナーの製造を開始し、木箱から段ボールへという包装革命をもたらしました。現在では、原料のほとんどが古紙ですが、品質で業界をリードし、ユーザーから評価を得ています。

用途 段ボールケースの外装

中芯原紙(一般中芯・強化中芯)

使用用途に合わせた強度設計

使用用途により、異なる強度の中芯原紙を品揃えしています。

用途 段ボールケースの強度やクッション性を出すために外装ライナーと外装ライナーとの間のフルート(波)部分に使用します。

プレプリントってなに?

プレプリントとは、あらかじめ(プレ)印刷した(プリント)段ボール原紙の巻取り紙を使用して段ボールを貼り合わせする方式です。段ボール貼り合わせ後に印刷するシート印刷と比較すると、印刷時に段ボールの段目の影響を受けないため、美粧性の高い印刷が可能であるとともに、印刷時の圧力によってシートが潰れないため、ケースの強度を強く保てるメリットがあり、美しくかつ強い段ボールケースを作ることができます。

  • 当社のプレプリントである『エコノミープリント』に関する詳細はこちらをご覧下さい。

カラーライナー

カラーライナーとは、ライナーの表層のパルプを染料・顔料で着色したライナーです。原料となるパルプを染料で均一に染色するため、色の再現性が非常に高くなります。また、予め表原料を染色しているため、、後工程で印刷したものと比べ、摩擦による色落ち、ひび割れに強く、運搬時などのトラブルを軽減できます。

用途 お中元、お歳暮、ギフトなどでビール、飲料、食品、食用油などを収める箱の身箱、野菜・果物などの青果物用の箱 など

工場のご紹介

三島工場(N1・N2マシン)

いわき大王製紙株式会社(1号マシン)


ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る