ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中の紙ができるまでのページです。

紙ができるまで 紙の原料となるパルプの製造から紙ができるまで。

大王製紙では、総合製紙メーカーとして原料から製品までを一括生産しています。クラフトパルプ・古紙パルプ・機械パルプなど各種パルプを生産し、あらゆる品種の紙を一貫生産できるシステムを有しています。
また、廃棄物の際利用にも取り組んでおり、限りある資源の有効活用に努めています。

パルプの製造

パルプとは、紙を作るための原料。木材チップや格子を溶かしたものから繊維を取り出し、パルプを製造しています。
大王製紙では、クラフトパルプ・古紙パルプ・機械パルプなど各種パルプを生産しています。
「紙ができるまで」では、クラフトパルプと古紙パルプについてご説明いたします。

クラフトパルプ (木材からパルプを作る)

  • 原料チップ処理工程

自社植林木をチップ化した原料のサイズ、厚みをそろえます。

  • 蒸解工程

チップに薬品を加え、高温・高圧で煮、樹脂(リグニン)を溶かし繊維分を取出します。

  • 精選・洗浄工程

パルプ中の異物をスクリーン・洗浄器を通して除去し、洗浄します。

  • 酸素脱リグニン工程

蒸解工程で残った樹脂を酸素で分解します。

  • 漂白工程

5~6種類の薬品を使用してパルプを漂白します。

紙の製造へ

古紙パルプ (古紙からパルプを作る)

  • 離解工程

古紙を緩やかにほぐします。ほぐすときの攪拌力でインキが剥離します。

  • 粗選工程

古紙中に含まれている大きな異物を除去します。

  • 脱墨工程

パルプに付着したインキを薬品で剥離し分離除去します。

  • 精選工程

粗選工程で除去できなかった小さい異物を除去します。

  • 漂白工程

薬品でパルプを漂白します。

  • 脱墨工程

脱墨を2段で処理することにより、高品質の古紙パルプが得られます。

  • 漂白工程

薬品でパルプを漂白します。

紙の製造へ

紙の製造

大王製紙では、生産性を追求した大型抄紙機やユーザーのプライベートブランドにも対応できる小型抄紙機等の豊富な抄紙機群と塗工設備があります。

紙ができるまで

エリエール 商品サイト


ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る