平成2008年2月26日

古紙配合率 乖離問題に関する社内処分について


このたびの再生紙における古紙配合率の乖離問題により、消費者並びにお取引先の皆様をはじめ紙のリサイクルにご尽力いただいております関係各位の期待を裏切るとともに、多大なご迷惑をおかけしましたことを改めて深くお詫び申し上げます。

本日、調査委員会の調査結果を踏まえ本件に対する経営責任ならびに管理責任を明確にするため、下記のとおり社内処分を決定いたしましたのでお知らせいたします。

1.取締役の辞任(平成20年2月29日付)

三島工場長 関 政幸 (現 取締役三島工場長)

2.職位の変更(平成20年3月1日付)

取締役会長 二神 勝利 (現 代表取締役会長)
取締役顧問 井川 俊 (現 代表取締役顧問)
取締役
洋紙営業本部長
和田 直久 (現 常務取締役洋紙営業本部長)

3.報酬減額(平成20年3月報酬より実施)

取締役会長 減俸 50% 3ヶ月
代表取締役社長 月額報酬全額返上 3ヶ月
代表取締役副社長 減俸 50% 3ヶ月
取締役顧問 減俸 50% 3ヶ月
取締役副社長 減俸 50% 3ヶ月
専務取締役 減俸 50% 3ヶ月
常務取締役(1名) 減俸 30% 3ヶ月
常務取締役(1名) 減俸 10% 3ヶ月
取締役(5名) 減俸 10% 3ヶ月
関係会社役員他(9名) 減俸 10% 3ヶ月

上記に加えて本社・営業・当該工場・関係会社の関係する役職者(41名)に対し、譴責処分を行うことといたしました。


以上

閉じる