2005年10月11日

高齢者の自尊心を保ち、皮膚障害発生リスクを
抑えた次世代大人用紙おむつ!
テークケアSケア軟便安心パッド』
10月1日より全国で発売開始

〜東京大学 真田弘美研究室共同開発〜



大王製紙株式会社(住所:東京都新宿区早稲田町70番1号)では、従来の紙おむつでは吸収しにくかった水様便・泥状便の吸収率を大幅に向上させ、その効果により便もれの抑制を図った新型紙おむつ『テークケア Sケア 軟便安心パッド』を東京大学大学院医学系研究科 真田弘美教授らとの共同研究で開発、寝たきり高齢者における臨床での有効性を確認し、2005年10月1日より全国発売いたしました。

【発売背景】
高齢者にとって水様便・泥状便に含まれる強アルカリの液成分は皮膚障害発生の一因になる可能性があります。また便もれが発生することで、高齢者の自尊心低下を引き起こし、QOLの低下や不快感を増大させる問題がありました。従来の紙おむつは水様便・泥状便の吸収率が低く、便もれ防止のために紙おむつを重ねる等の対策が図られていました。しかし身体機能の低下を引き起こすリスクや、おむつ内の湿潤を増加させる悪影響を懸念する声があがっており、今回大王製紙株式会社は東京大学真田弘美研究室と共同で、便の吸収率を向上させる商品の開発、発売に至りました。

【新商品紹介】
「テークケア Sケア軟便安心パッド」は、便を水分と固形物に分離し、水分を濾過することで皮膚障害発生リスクを軽減すると共に、便もれを軽減することを実現しました。


■商品概要
  1. 「テークケア Sケア軟便安心パッド」

    発売日: 平成17年10月1日

    発売地区: 全国

    商品規格: 20枚
商品写真

閉じる