2005年5月31日

「北関東物流センター」建設着工の件


当社は首都圏における物流体制の強化を目的として、首都圏内陸部に「北関東物流センター」を建設するため、5月30日(月)に埼玉県行田市の長野工業団地内にて起工式を執り行い、建設着工しました。完成は、10月末の予定です。
同センターの建設は、特に首都圏エリアでの塗工紙巻取品の需要増に対応し、印刷会社等得意先からの様々なニーズに対し、よりスピーディーに対応できる物流体制を備え、安定供給とサービスの向上を図るものです。
そのため塗工紙を主とした印刷用紙をはじめ、出版用紙、包装用紙の巻取品在庫を最大13,000トンまで在庫し、スリッター設備を設置するとともに、日曜・祝日および24時間緊急出荷体制が可能な倉庫として運営いたします。



[北関東物流センター建設概要]

投資額:  11億円
所在地:  埼玉県行田市大字長野地内「長野工業団地内」
敷地面積:  13,012m2(3,936 坪)
延床面積:  約8,076m2(約2,443坪)
建物構造:  鉄骨造平家建
完成予定時期:  平成17年10月末日
保管能力:  約13,000トン
主要保管品:  塗工紙
付帯設備:  加工機

閉じる