2004年4月30日

首都圏内陸部における自社物流センター建設用地取得の件


当社は首都圏における物流体制の強化を目的として、首都圏内陸部に自社物流センターを建設するため、この度、埼玉県行田市の長野工業団地内に建設用地を取得しました。

首都圏は日本最大の紙のマーケットであり、国内の50%以上を消費しています。特に埼玉県の塗工紙巻取品の使用量は全国の25%もある巨大市場となっています。また、オフセット輪転機を所有する印刷工場数は約80箇所、輪転機の設置台数は全国の20%となっており、将来における新設・増設も埼玉県以北になるものと想定しています。当社はこの市場に対応すべく、印刷会社等得意先からの様々なニーズに対し、よりスピーディーに対応できる物流体制を備えた自社物流センターを建設し、安定供給とサービスの向上を図ります。

当物流センターには塗工紙を主とした在庫を充実させ、加工機の設置及び夜間出荷体制の構築も計画しています。

また、当社の主力工場である三島工場(愛媛)からの輸送については、天候による影響を受けないRORO船(三島工場から埼玉県行田市まで24時間で輸送可能)を活用することで、工場から首都圏へのより安定かつ迅速な供給体制を確立します。


なお、埼玉県行田市を首都圏内陸物流拠点の立地として選定した理由は主に以下の2つです。
  1. 埼玉県内の印刷工場集中エリアである鶴ヶ島地区・本庄児玉地区・加須地区に対してほぼ中間地点であること。
  2. 関越自動車道(圏央道で中央自動車道にも接続予定)・東北自動車道のインターチェンジまでの好アクセスにより、首都圏だけでなく上越・東北・甲信越地区等、広範囲へのクイックデリバリーが可能となること。
※RORO船: ROROとはROLL ON/ROLL OFFの意味で、クレーンで製品を積み揚げするのではなく、製品を積んだシャーシ(荷台)をトレーラーヘッド(牽引車)で直接船に乗せ、船内でトレーラーヘッドを切り離し、シャーシのみを輸送する船舶のことです。揚げ地に入港後、目的地へ直接トレーラーにて陸送できるため、天候に影響されない安定した輸送が可能となります。

[物流センター建設概要](計画)
  1. 投資額:11億円
  2. 所在地:埼玉県行田市大字長野地内「長野工業団地内」
  3. 敷地面積:13,012.43m2(3,936.3 坪)
  4. 延床面積:約6,800m2(約2,060坪)
  5. 建物構造:鉄骨造平家建
  6. 完成予定時期:平成17年6月
  7. 保管能力:約13,000トン
  8. 主要保管品:塗工紙
  9. 付帯設備:加工機


閉じる