ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中のCSR情報の中の紙と環境の中の廃棄物・水のリサイクルのページです。

廃棄物・水のリサイクル

ゼロエミッションの取り組み

紙パルプの製造に伴い発生する廃棄物は、セメント原料、土木資材、土地造成等の用途に再利用し、ゼロエミッションに取り組んでいます。

古紙パルプ製造時にパルパー、精選工程から排出される廃プラスチック等の廃棄物は、燃料であるRPF※1 に再生利用しています。古紙の印刷インキを除去するフローテーター※2 から発生するフロス※3 は、紙製造工程で使用する無機薬品(再生填料)として回収しています。
また、ボイラーの焼却灰は、セメント原料、土木資材として、クラフトパルプ製造設備から発生する無機汚泥は、土木資材として再資源化する等の、ゼロエミッション活動を進めています。

  • ※1 RPF[Refuse Paper & Plastic Fuel]
    産業廃棄物のうち、再利用出来ない紙ゴミ及び廃プラスチックを原料とした固形燃料です。発熱量が高く、石炭や重油等の化石燃料の代替として、製紙や鉄鋼等、多くの産業で利用されてい ます。
  • ※2 フローテーター
    古紙に印刷されたインキを薬品(洗剤)で洗って取り除き、紙の繊維(パルプ)を取り出す装置のこと。
  • ※3 フロス
    フローテーターで発生する泡の中に含まれる取り除かれたインキ成分と微細な繊維及び無機薬品のこと。

ページ上部へ

紙資源の循環

他社に先駆け、実用化した填料再生技術を活かし、天然資源の保護と廃棄物の削減を推進しています。

一般に、古紙パルプ製造時に、異物として除去されるインキ粕や無機薬品は、廃棄物として処理されています。当社ではこの廃棄物中の無機薬品を再生填料として再利用する技術を実用化し、現在、さまざまな紙に使用し、廃棄物の削減を図っています。

再生填料の高品質化

  1. 高品位再生填料の特徴
    高品位再生填料は、再生填料表面を粒子状の薬品でコーティングして、粒子の隙間に油分が吸込まれやすいように改良しています。紙に配合すると、印刷インキの油をキャッチして紙の裏面まで油が染み込まなくなり、薄い紙でも印刷の裏抜け(印刷不透明度)が改善します。
    また、光の散乱性の異なる炭酸カルシウムやクレーなど多種類の鉱物を含有し、さらに粒子径をコントロールしたことで、白紙不透明度も改善します。
  2. 紙に配合することによる改善効果
    高品位再生填料を新聞用紙に配合することで、不透明性の向上(裏抜け改善)と平坦性の向上(インキ着肉性改善)が得られており、用紙の軽量化への対応が可能となっています。
    また、再生填料の表面にコーティングを施すことにより、填料表面の起伏が少なくなった結果、抄紙用具(ワイヤー等)が傷みにくくなり、用具が長持ちしたことで、安定した操業ができるようになりました。
    さらに、コーティングにより粒子の大きさが一回り大きくなることで、粒子が紙の中に留まり易くなり、歩留向上剤の添加量が大幅に削減でき、省資源化にも繋がりました。

高品位再生填料の製造工程

ページ上部へ

水質環境負荷の低減

業界トップレベルの排水処理技術でCOD排出量を削減しています。

三島工場が位置する瀬戸内海は、閉鎖水域で海水の入れ替わりが少なく、汚染物質が蓄積し易い海域です。そこで、すべての排水を4段階処理して浄化し、海域に放流するという高度な排水処理工程により、海域への環境負荷を低減しています。

水質関連データ

COD排出量

窒素排出量

りん排出量

SS排出量

用水量

排水量

排水処理システム

[COD]
Chemical Oxygen Demand:化学的酸素要求量
有機物が最終的に炭酸ガスに分解されるまでに必要な酸素量で、主に海水中の有機物の総量を示します。数値が高いほど水が汚れていることになります。
[SS]
Suspended Solids:懸濁物質
水中に浮遊している物質のことをいい、数値が大きい程、その水の濁りが多く水底への堆積物の原因になります。

ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る