ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中のCSR情報の中の紙と環境の中の古紙のリサイクルのページです。

古紙のリサイクル

古紙利用率拡大の取り組み

これまで使用できなかった難リサイクル古紙の利用をさらに拡大することにより、業界平均を上回る古紙利用率となっております。

古紙使用量推移
(紙・板紙用途合計)

古紙利用率推移
(紙・板紙用途合計)

古紙利用率推移
(板紙用途)

古紙利用率推移
(紙用途)

※大王製紙グループ計は、紙/板紙を生産しているグループ企業10社の合計です。大王製紙計は、三島工場と可児工場の合計です。

※業界平均値データは、日本製紙連合会の統計資料より

雑誌古紙のリサイクル

印刷・出版用紙用途に雑誌古紙を使用し、 未利用古紙の使用拡大に努めています。

古紙リサイクルシステム

紙の原料は、製紙業界の平均では、6割が古紙で、残り4割が木材チップです。これらの原料を使用して紙を製造し、市場で消費された紙は、古紙として回収され、再び紙の原料として生まれ変わります。

新設のN10マシンの稼動に併せて、DIP設備を増設しました。増設に併せて、当社では、古紙使用量拡大のため、従来は背糊やフィルム等の異物除去が困難で板紙用途にしか利用されていなかった雑誌古紙を紙用途に再利用する技術を確立しました。
これにより、紙用途の古紙の選択範囲を広げ、古紙利用率を向上させています。

新設した抄紙設備とDIP設備建屋

雑誌古紙を使用する上で障害となっていたCD、ビニール、背糊等の異物を人手を使わず製造工程で自動的に除去する技術を確立し、紙用途での雑誌古紙利用拡大につなげています。

CD・DVD付き雑誌

ビニール表紙の雑誌

背糊付き雑誌

機密古紙・難リサイクル古紙のリサイクル

従来焼却処分されていた難リサイクル古紙の有効利用にも積極的に取り組み、循環型社会形成に貢献していきます。

当社古紙処理工場では、従来産業廃棄物として処分されていた難リサイクル古紙を段ボール用原紙の原料として使用し、循環型社会へ貢献しています。
また、従来焼却処分されていた機密書類も梱包した状態で機密性を保ち、再生しています。
  • 機密古紙に関するお問い合わせ窓口
    TEL 0896-23-9124
    大王製紙(株) 資材部 機密古紙担当者まで

機密古紙


ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る