ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中のCSR情報の中の紙と環境の中のグリーン購入法への対応のページです。

グリーン購入法への対応

グリーン購入法への対応

木材原料調達理念と基本方針

当社は、環境に優しい木材を使った製品需要の高まりや国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)の改正に対応した木材原料調達理念と基本方針を以下のように策定しています。

理念

自社植林木の状況

大王製紙グループはDAIO地球環境憲章の理念に基き、木材原料の調達を通じ、森林資源を有効かつ効率よく利用するとともに、生物多様性の保全に配慮して、環境と調和した持続可能な森林経営の推進に取り組みます。

基本方針

  • 植林木、再・未利用材の購入
    植林木や家屋の解体廃材等の再利用材、製材廃材や間伐材等の未利用材を購入
  • 持続可能な森林経営の推進
    持続可能な森林経営が行われている森林から、合法的に伐採され、生産された材のみを調達
  • 森林認証材の増量
    サプライヤーには認証取得を奨励
  • 自社海外植林の拡大
    自然環境の保護、地球温暖化防止のため自社海外植林面積を拡大し、自社植林による二酸化炭素の吸収によって大王製紙グループの生産活動で排出される二酸化炭素を固定化していきます。
  • 法令の遵守
    法令・企業倫理を遵守した公平・公正な取引

※持続可能な森林経営…森林面積を減少させないように経営され、かつ、環境的、社会的に配慮した森林経営を意味します。

木材原料調達理念と基本方針の全文はこちら

木材原料調達の合法性・持続可能性と間伐材の証明(改正グリーン購入法への対応)

木材原料調達方針に合致しない木材の購入を防止することを目的に、すべての木材原料のサプライヤー(国内材193社、輸入材14社)に対して、原木伐採からチップの加工に至るまでの流通経路に関する調査を実施しました。この調査により、当社へ2013年度中に納入された木材原料はすべて合法的に伐採されたものであることを確認しています。当社もこの方法が有効であることを、外部機関による1回/年の監査で確認しています。
また、2008年度末に、改正グリーン購入法に対応する証明書付間伐材をクレジット方式で利用したPPC用紙(環境配慮型商品『木になる紙』23ページ参照)の生産を開始し、上市しました。本商品で使用している間伐材は、伐採、輸送、チップ加工の全工程において、分別管理されたものであることが証明されており、さらに、伐採された山林と関係取引先を訪問し、証明書の内容が合致していることを確認しています。

森林認証取得状況

森林認証は、適切な管理が行われている森林からの原料を使った製品を生産できる仕組みがあることを、第三者機関が評価・認証する制度です。
認証の種類には、環境に配慮した森林管理を行い、社会的利益に貢献し、経済的にも継続可能であることを認証する「森林管理(FM)認証」と、認証材が加工・流通の段階で他の木材と混ざることなく管理されていることを認証する「加工流通過程の管理(CoC)認証」があります。
当社が取り組んでいる海外植林事業では、南米チリ共和国の植林事業が2002年12月にFSC®森林認証(Forest Stewardship Council®)を、2008年9月にPEFC森林認証(Programme for the Endorsement of Forest Certification Schemes)を取得、豪州タスマニアは2004年8月にPEFCを取得しています。

チリ植林事業

タスマニア植林事業

FSC®森林認証のFM認証書

PEFC(CERTFOR)森林認証のFM認証書
(CERTFOR:Certificacion Forestal en Chile)

PEFC(AFS)森林認証のFM認証書
(AFS:Australian Forestry Standard)

また、紙の生産において、CoC認証を取得しています。

FSC®森林認証制度
1993年に世界的な森林管理基準を制定して非政府組織を母体に設立された世界的な制度。
PEFC森林認証制度
1999年に持続可能な森林管理の促進を目的として設立された非政府組織が運営する世界最大の森林認証制度。PEFC認証制度が定める各国独自の認証を取得することで、PEFC認証を取得したことになる相互認証制度で、当社植林事業があるチリ(CERTFOR)とオーストラリア(AFS)は相互認証の対象となっている。

ページ上部へ

Get Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら

ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る