ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中のサステナビリティ(CSR・環境)の中のガバナンスの中のグリーン調達の推進のページです。

グリーン調達の推進

化学物質の使用を適切に管理し、製品の安全性に最大限配慮しています。

PRTR物質削減の取り組み

大王製紙グループでは、化学物質の使用を適切に管理し、製品の安全性に最大限配慮しています。
製紙薬品の新規採用にあたっては、製品品質だけでなく人や環境への影響について、社内評価を行った後、採用を決定しています。また、すでに採用されている薬品についても、毎年含有成分証明書を提出させ、薬品の安全性を確認しています。

PRTR特定化学物質排出量

※1 集計範囲は大王製紙㈱とグループ会社の生産拠点18社
※2 取扱量が1トン以上の化学物質のみ掲載
※3 ダイオキシン類は単位が違うため、アウトプットデータの集計から除外している

製品の安全保証体制
PRTR制度
Pollutant Release and Transfer Registers

人の健康や生態系に有害な恐れがある462種の化学物質について、どの様な発生源から、どれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかとうかというデータを把握し集計し、公表する仕組みです。
PRTRによって毎年どの様な化学物質が、どの発生源から、どれだけ排出されているかを知ることができます。
諸外国でも導入が進んでおり、日本では1999年(平成11年)、「特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善に関する法律」(化管法)により制度化されました。


ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る