ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中のCSR情報の中のCSR基本方針の中のグリーン調達の推進のページです。

グリーン調達の推進

有害物質を含む薬品は採用しない方針で、安全性の高い薬品を使用しています。

PRTR法指定化学物質の削減

当社ではPRTR法指定化学物質を含有している薬品は採用しない方針としています。
人や環境への影響の可能性がある薬品を新規採用する場合は、薬品承認審議会で、環境への影響が無いことを確認した後、採用を決定しています。審議の際は、薬品メーカーが提出した化学物質に関する含有状況調査票を再度確認し、環境負荷化学物質が不使用であるものを採用しています。
また、既に使用している薬品については環境負荷物質不使用証明書を毎年更新し、薬品の安全性を確認しています。

製紙薬品・ボイラー薬品に含まれるPRTR法指定化学物質削減推移

使用薬品は有害物質を含まない薬品へ切替えを進め、PRTR法指定化学物質は2008年度に2003年度比99%削減しました。(三島工場・可児工場)

製品の安全保証体制
PRTR法
Pollutant Release and Transfer Registers

特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律

人の健康や生態系に有害な恐れがある354種の化学物質について、環境への排出量や事業所外への移動量を把握し届出する制度で、事業者による化学物質の自主的な管理の改善を促進し、環境保全上の支障を未然に防止することを目的とした法律です。


ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る