ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中のCSR情報の中のCSR基本方針の中のコンプライアンスのページです。

コンプライアンス

グループ全体で法令遵守を最重要課題として取り組み、コンプライアンス体制の整備・見直しを行うとともに、法令・倫理教育を通じた社員の意識改革を進めています。

コンプライアンス体制

コンプライアンスに関する各種委員会及びコンプライアンス部会を設置し、法令・倫理事項違反リスクの洗出しとその対応策を立案、実施しています。

コンプライアンス体制組織図

監査体制

大王製紙グループの監査体制は、監査部による内部監査と監査役による取締役の職務執行の監査を基本としています。

  • 内部監査
    内部監査については、監査部が取締役会の承認を受けた年度監査計画に基づき、業務、コンプライアンス、環境、リスク管理等の観点から当社各部門及び国内外グループ会社を対象に実地監査、書面監査等を実施しています。内部監査の結果は、社長、取締役会、監査役に報告するとともに被監査部門の責任者に報告し、提言事項に対する改善案の提出を義務づけています。監査実施後、継続的にフォローアップを実施し、被監査部門における改善が完了するまでモニタリングを行っています。
  • 監査役監査との連携
    監査部では、内部監査の有効性と効率性を高めるとともに監査の質的向上を図るため、会計監査人と連携している監査役との定期的な連絡会を通じて、監査計画・結果の報告や意見交換等、三様監査の相互連携強化に取り組んでいます。

コンプライアンス委員会では、大王製紙グループのコンプライアンス体制及びリスク管理体制の整備に係る方針・施策の決定、体制の監視・評価等を行う体制の整備に努めています。
なお、内部統制システム整備の基本方針の詳細は、東京証券取引所ホームページに開示しております「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」、または「EDINET(有価証券報告書等の閲覧サイト)」に開示しております「有価証券報告書」にて閲覧することができます。

内部通報制度(企業倫理ホットライン)の整備

当社グループでは内部通報窓口として「企業倫理ホットライン」を設置し、違法行為・違法状態を見聞きした場合の通報義務、通報者のプライバシーへの配慮、不利益な取り扱いからの保護等について運用規則に定め、グループ全社に周知することで内部通報制度の利用促進を図っています。なお通報の受付窓口として、従来の社内窓口に加え2011年12月1日付で社外窓口を設置し、経営トップや管理部門に関わる違法行為等についても通報を行い易い環境を整備しています。


ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る