ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中の企業情報の中の歴史・沿革の中の2000~2010年代のページです。

歴史・沿革

2000~2010年代

2000年(平成12年)
  • 三島工場、いわき大王製紙ISO9002(品質管理・保証システム)認証取得
  • 三島工場、川之江工場ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得
  • 豪州タスマニア島にて植林開始
  • いわき大王製紙 リサイクル推進功労者等表彰で通産大臣賞を受賞
2001年(平成13年)
  • 当社チリ植林地で育てたユーカリのチップが初めて三島工場に入荷される
  • 富郷ダムより工業用水取水開始
  • RORO船就航
  • 「超々軽量」新聞用紙の開発で2000年日経優秀製品・サービス賞受賞
2002年(平成14年)
  • FSC®森林認証(CoC認証)取得
  • フォレスタル・アンチレ社 FSC®認証(FM,CoC認証)取得
2003年(平成15年)
  • 民間企業への電力販売事業を開始
  • FSC森林認証紙の販売を開始
  • バイオマスボイラーが完成・稼動
2005年(平成17年)
  • 国内で初めて製紙スラッジからの填料を再生し、製紙原料として再利用することに成功
  • 製紙スラッジを再利用した100%資源循環紙(完全再生紙)発売
2007年(平成19年)
  • 三島川之江港がリサイクルポートに認定
  • 名古屋パルプ(株)と合併し、名古屋パルプ(株)は大王製紙(株)可児工場となる
  • 三島工場に塗工紙生産設備(N10マシン)が完成・稼動開始
  • P&Gの大人用紙おむつブランド「アテント」を事業移管
2008年(平成20年)
  • 再生填料製造設備稼働
  • グリーン物流パートナーシップ会議の推進事業に当社と紀州製紙が
    認定
2009年(平成21年)
  • 古紙パルプと間伐材パルプを組み合わせたコピー用紙「木になる紙」を発売
2010年(平成22年)
  • 新・潤いティシュー「エリエール+Water」を発売
2011年(平成23年)
  • エリエールインターナショナルタイランドCO.,LTDを設立し、タイに当社初の海外自社工場となる子ども用紙おむつ工場建設開始
2012年(平成24年)
  • 大王(南通)生活用品有限公司(エリエールインターナショナルチャイナ)を設立
  • エリエールインターナショナルコリアCO.,LTDを設立
2013年(平成25年)
  • PT.エリエールインターナショナルトレーディングインドネシアを設立
  • ナノセルロース サンプル提供開始
  • キャッシュ・マネジメント・システム導入
2014年(平成26年)
  • 連結納税制度導入
  • PT.エリエールインターナショナルマニュファクチャアリングインドネシアを設立
2015年(平成27年)
  • JPX日経インデックス400の銘柄として選定
  • 東京本社移転

平成12年:ISO9001認証審査登録証

平成12年:ISO14001認証審査登録証

平成14年:FSC®森林認証取得

平成19年:N10抄紙機

平成23年:エリエールインターナショナルタイランド完成予想図


ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る