ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中の企業情報の中の歴史・沿革の中の1980~1990年代のページです。

歴史・沿革

1980~1990年代

1980年(昭和55年)
  • 塗工紙(コート紙)分野に参入
  • 紙おむつの製造販売を開始
1981年(昭和56年)
  • ノーカーボン紙の製造販売を開始
  • 村松工業用地C工区埋立着工(~63年6月)
1982年(昭和57年)
  • 生理用ナプキンの製造販売を開始
  • 第1回エリエール女子オープンゴルフトーナメント開催
1983年(昭和58年)
  • 三島工場が、全国先端事業所百選のFA部門に選ばれる
1984年(昭和59年)
  • 株式が大阪証券取引所市場第一部に昇格
1985年(昭和60年)
  • ミルワイドシステムの稼動
    (紙パ業界初の総合生産管理システムが順次稼動)
1986年(昭和61年)
  • ティシューペーパーのシェア1位に
1987年(昭和62年)
  • N7号機他の起工式を挙行し三島臨海工場の建設に着工
1988年(昭和63年)
  • 東京証券取引所市場第一部に株式を再上場
  • 新工場・11号タービン設置(自家発電率が100%になる)
1989年(平成 元年)
  • 南米チリに植林会社「フォレスタル・アンチレ」を設立
1990年(平成2年)
  • 三島臨海工場の新設計画が完了
  • 国内初のクラフト再生紙全品種の品揃え
1992年(平成4年)
  • エリエールテクセル(株)を設立(粘着紙分野に参入)
1993年(平成5年)
  • 創立50周年
  • DAIO地球環境憲章を制定
1995年(平成7年)
  • 井川高雄会長がベルナルド・オヒギンス勲章を受賞
1996年(平成8年)
  • いわき大王製紙(株)設立
1998年(平成10年)
  • いわき大王製紙(株)が日本経済新聞社の「優秀先端事業所賞」を受賞(環境への配慮等が先進的な事業所が表彰対象)
  • 業界で初めて古紙100%の新聞用紙生産・販売開始
  • エリエールスクエア札幌 渡辺淳一文学館オープン
  • エリエールスクエア松山オープン
1999年(平成11年)
  • 第8回地球環境大賞「環境庁長官賞」を受賞
    (産業の発展と地域環境保全の共生に貢献した企業が表彰対象)

昭和57年:株価ボードを見上げる

昭和61年:生産管理システム稼動

昭和62年:家庭紙広告

昭和63年:N7号新聞抄紙機

平成元年:南米チリでの植林の様子

平成4年:総合製紙工場が完成


ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る