ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中の企業情報の中の歴史・沿革の中の1960~1970年代のページです。

歴史・沿革

1960~1970年代

1961年(昭和36年)
  • 株式を大証・東証の一部へ上場
1963年(昭和38年)
  • 三島・自家発電設備(1号タービン、ボイラー)新設
1966年(昭和41年)
  • 海外留学制度の第1号生が米国メーン大学へ留学
1967年(昭和42年)
  • 5月に北米チップ専用船第1号「大王丸」が就航し、7月に三島港へ初入港する
  • 村松工業地A工区の埋立着工(~48年9月)
1969年(昭和44年)
  • 三島・DIP製造設備を新設(脱墨パルプの生産開始)
1972年(昭和47年)
  • 村松工業用地B工区埋立に着工(~50年5月)
1973年(昭和48年)
  • 新工場・N1号抄紙機(インバーフォーム五層抄き/ライナー抄造)新設
  • ADP、WPの古紙処理設備新設
  • 新工場・N2号抄紙機(インバーフォーム五層抄き/ライナー抄造)新設
  • 新工場・N3号抄紙機(長網多筒式/新聞用紙5本取り)新設
1974年(昭和49年)
  • 三島新工場竣工
  • エリエールゴルフクラブ(財田)オープン
1975年(昭和50年)
  • 本社に営業本部を設置し、総合製紙メーカーへの独自の販売体制を築く(販売戦略”自ら生産したものは、自らの手で売る”の原点となる)
1976年(昭和51年)
  • 三島・第3次総合排水処理設備竣工
    (46~52年一連の公害防止設備を完成させる)
1977年(昭和52年)
  • TMP設備完成
  • 新工場・N4号抄紙機(ベルベフォーマー型/新聞用紙5本取り)新設
    (N4号機完成によって三島工場は、単一工場として世界最大の規模となる)
1978年(昭和53年)
  • 一般紙市場に本格参入、PPC用紙の製造販売を開始
1979年(昭和54年)
  • 三島工場が53年度電気使用合理化優秀工場として通産大臣賞受賞
  • フォーム用紙の製造販売を開始
  • ティシューペーパー「エリエール」の製造販売を開始(家庭紙市場に参入)
  • レストラン・エリエールの第1号店を開店(外食事業に進出)
  • トイレットティシューの製造販売を開始

昭和41年:KSライナーのPR風景

昭和41年:北米チップ材専用船「大王丸」初入港

昭和48年:工事中のN1号機

昭和51年:第3次総合排水処理設備

昭和52年:N4号機の試運転


ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る