ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです




このページは、大王製紙トップページの中の企業情報の中の歴史・沿革の中の1920~1950年代のページです。

歴史・沿革

1920~1950年代

1928年(昭和3年)
  • 井川伊勢吉、三島にて製紙原料商を始める
1943年(昭和18年)
  • 「大王製紙株式会社」設立(14工場が合同合併し設立)
1945年(昭和20年)
  • 終戦
1947年(昭和22年)
  • 井川伊勢吉社長が銅山川の流れを見たことから、銅山川疎水事業の取り組みが始まる
  • 和紙抄造から洋紙抄造への転換を図る
1950年(昭和25年)
  • 新聞用紙市場へ本格参入する
1953年(昭和28年)
  • 上質紙の製造販売を開始
  • 銅山川第一ダム・柳瀬ダム竣工
1954年(昭和29年)
  • クラフトパルプ製造設備、KPI設備を新設
    四国初のKP工場で未晒パルプの製造を開始する
1955年(昭和30年)
  • KP晒設備が完成し、晒クラフトパルプの製造を開始する
1957年(昭和32年)
  • 山林を購入し育苗造林を開始
  • 川之江・3号抄紙機(円網多筒式)新設
    大王製紙初のライナー専抄機で、日本初のクラフトライナーを抄造
  • オールバージンパルプのライナー(Kライナー、KSライナー)を上市
  • 三島・10号抄紙機(長網多筒式/新聞用紙2本取り、142インチの大型抄紙機)新設
  • KP配合の高品質新聞用紙を上市

昭和18年:創立準備会

昭和16年:四国紙業1号抄紙機

昭和22年:落成式典アーチ

昭和25年:伊勢吉社長の案内で昭和天皇が工場へ

昭和25年:昭和天皇ご案内

昭和27年:8号機完成

昭和32年:新聞二本取抄紙機


ページ上部へ



ページの終わりですページの先頭へ戻る